TOP > 自転車ライフ > 『自転車のパラダイス』シマノ鈴鹿ロード

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2018/10/27

Perfecta編集部

『自転車のパラダイス』シマノ鈴鹿ロード

『自転車のパラダイス』シマノ鈴鹿ロード

少し前の話題になってしまうが、今年で35回目を迎えるシマノ鈴鹿ロードが8月18日〜19日、鈴鹿サーキットで開催された。
年代別、スキル別に参戦できるレースイベント、観戦を楽しめるプロのロードレースの他、キッズスクール、自転車に関する講座、最新の自転車や自転車関連グッズがならぶブースエリアなど目白押し。自転車を軸に、老若男女が様々な楽しみ方ができる真夏の人気イベントだ。

自転車の『楽しみ』と『入り口』を提供

シマノ鈴鹿ロードの朝は早い。文句なしに走りやすい鈴鹿サーキットを舞台に、経験や年代別、スキル別に細やかにカテゴリー分けされた個人ロードレースが設定されており、初心者向けのお試しレースも開催される。その為、誰でも自分の経験や実力にあったレースに参戦できるということになる。1年間、このイベントを目標としている参加者もいるほどで、朝4時の会場ゲートオープンから鈴鹿サーキットはにぎわい始めるのだ。

参加者はピットエリアなどにくつろぐスペースを確保し、受付を済ませたあと、早朝の試走を行い、各々の楽しみ方に合わせて過ごしていく。プロの選手たちが講師を務める自転車教室『ウィーラースクール』の第1回は7時半から開催され、レースに出る子供が対象だ。1日に2〜3回開催され、レースを標としない未就学児も参加でき、自転車の乗り方やルールを楽しみながら習得できる人気スクールだ。このスクールへの参加を機に、本格的なレース活動を始めた子供たちも少なくない。

レースの走り方講習を受講したうえで、サーキットト1周のみの短いレースに参加できる『体験レース』も人気。最初に個人ロードレースに出るハードルは低くないが、ここなら安全を確保しながらレースデビューできる。
また、座学では痛みなど悩みを持ちがちな女性サイクリスト向けの講座や栄養講座が開講される。参加費用は無料!様々な層が自転車を楽しめる機会やヒントを提供していることもこのイベントの人気の秘訣だろう。

123

ページの先頭へ

メニューを開く