TOP > ロードレース > 駅前開催の迫力満点レースに大分市民が湧いた!-おおいたいこいの道クリテリウム-(1日目)

ロードレース

一覧へ戻る

ロードレース

2018/11/26

Perfecta編集部

駅前開催の迫力満点レースに大分市民が湧いた!-おおいたいこいの道クリテリウム-(1日目)

駅前開催の迫力満点レースに大分市民が湧いた!-おおいたいこいの道クリテリウム-(1日目)

10月13-14日に大分市で「OITA(おおいた)サイクルフェス!!!」が開かれ、大分駅南口の特設サーキットで小周回コースを回るレース「おおいたいこいの道クリテリウム」と、大分銀行ドーム周囲に設営されたコースを使ったロードレース「おおいたアーバンクラシック」が開催された。アーバンクラシックは今年からUCI(世界自転車競技連合)公認の国際レースになり、海外チームの参戦も迎え、注目度もアップ。大分市は2日間多くの来訪者でにぎわった。

OITAサイクルフェス初日、13日。「おおいたいこいの道クリテリウム」が開催される日だ。夜が明けてみると、大分市はこの上ない快晴に恵まれていた。前夜のレセプションパーティーも華々しいもので、好天を受け、これからの2日間がすばらしいものになる予感に包まれる。

大分駅という主幹駅を出てすぐ、横断歩道の向こう側に広がる広場大分いこいの道の入り口にはサイクルフェス会場であることを示す大きなアーチが組まれ、たくさんのテントが並んでいる。会場へのアクセスは抜群!まさに駅前で開催されるクリテリウムレースなのだ。広場には、地元グルメを提供するショップや物販、観光、自転車関連など、たくさんのブースが並び、レースに興味のないひとたちも十分楽しめるようになっている。会場には朝から家族連れなど、日頃レース観戦をしない層の来訪者も多くにぎわっていた。

朝から国内リーグの市民レーサーたちのレースが展開されていたが、広場内に組まれた特設ステージで、10時からチームプレゼンテーションが開催され、レースコースを用いたパレード走行がスタート。ここには選手のほか、一般公募で集まった市民の皆さんや、大分市長、ゲストの前園真聖さんなどが走り、大きな声援を浴びていた。

12

ページの先頭へ

メニューを開く