TOP > ロードレース > ツアー・オブ・ジャパン(第2ステージ)

ロードレース

一覧へ戻る

ロードレース

2019/05/29

Perfecta編集部

ツアー・オブ・ジャパン(第2ステージ)

ツアー・オブ・ジャパン(第2ステージ)

ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)、2日目は京都ステージ。京都府京田辺市での開催だ。京田辺市・普賢寺ふれあいの駅をスタートし、同志社大学構内までセレモニアルライドをした後に1周=16.8kmの周回コースに入り、精華町・けいはんなプラザ前をフィニッシュとする周回105.0km(6周回)のコース。ここから本格的なロードレースが始まる。


同志社大学チアリーダー(ANGELS)によるスタンツも披露された

当日は悪天候が心配されていたが、天気予報に反し、雨の降り出しが遅れたこともあって、ドライな環境でのレースとなった。

グリーンジャージを着るのは前日のタイムトライアルを制した岡篤志(宇都宮ブリッツェン)、ポイント賞のブルージャージは繰り上げで前日2位の窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が着用。U25のホワイトジャージはオールイス・アウラール(マトリックスパワータグ)が着用。このステージをホームタウンとするマトリックスパワータグが各賞リーダーと共に前列に並んだ。


各賞ジャージが前列に整列
窪木、岡、アウラールと全員が日本チームのメンバー

リアルスタート後にいくつかのアタックがかかったが、1周回を終える頃、入部正太朗(シマノレーシングチーム)、安原大貴(マトリックスパワータグ)、フィリッポ・ザッカンティ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)岡本隼(愛三工業レーシングチーム)、エイデン・トゥーベイ(チーム・ブリッジレーン)、ヴィクトル・ポトチュキ(リュブリャナ・グスト・サンティック)、アドリアン・ギロネット(インタープロサイクリングアカデミー)をメンバーとする逃げが決まった。


リーダージャージを着てスタートした岡

岡本、ポトチュキは脱落したが、アルチョム・オヴェチキン(トレンガヌ・INC・TSG・サイクリング・チーム)がジョインし、6名の集団となる。タイム差は2分近くまで開いた。


平日にも関わらず47000人もの観客が訪れた

この日から設けられる中間スプリントポイントは1回目=安原大貴、アドリアン・ギロネット、エイデン・トゥーベイの順に獲得。2回目=エイデン・トゥーベイ、安原大貴、入部正太朗、の順に通過。この時点では安原大貴が最大の8ポイントを獲得している。また山岳賞の設定も始まり、1回目=フィリッポ・ザッカンティ、アドリアン・ギロネット、安原大貴。2回目=フィリッポ・ザッカンティ、安原大貴、アドリアン・ギロネットの順に通過してザッカンティが10ポイントを獲得、山岳賞ジャージを確定させている。


逃げ集団は協調しながらゴールを目指す


プロトンはおとぎ話の中のような幻想的な風景を抜ける

ラスト2周となり、オヴェチキンがドロップアウト。最終周回に入り、安原大貴が集団から脱落したことで集団は4名に絞られる。メイン集団がペースアップを図り、ギャップは1分を切った。ここから入部とザッカンティがアタック。そこにトゥーベイが加わり、この3名が逃げ切りに向け、全力でゴールを目指した。


入部、ザッカンティにトゥーベイがジョイン
3名で逃げ切りを計る

メイン集団も3名を飲み込もうと全力でペダルを踏み込み、最終コーナーを回った時点でのタイムギャップは15秒。押し寄せるメイン集団を振り切りながら、3名のスプリントがかかる。競り勝ったのはトゥーベイ!入部が2位、ザッカンティが3位となった。


スプリントに競り勝ったのはトゥーベイ!

中間スプリントも先頭通過し、ボーナスタイムを得ていたトゥーベイが個人総合首位となり、入部が8秒差の2位となった。

優勝したエイデン・トゥーベイは初来日でこのレースに参加できた喜びを語ると共に「逃げていたのは強い選手ばかりで、その中に上手に入り込めてレースを進められたので逃げ切ることができました」と、語った。


グリーンジャージを獲得したトゥーベイ

3位に入ったザッカンティは、優勝できなかったことをチームに申し訳ないと、詫びながらも「山岳賞が確実に取れたので、今日はこれくらいで良いと思っている」というコメントを残した。


山岳賞を手に入れたザッカンティ
ステージも3位で終えている

トゥーベイが個人総合、ポイント賞、新人賞の全てを獲得したことで早くもジャージに動きがあった。第3ステージは厳しい登坂も含まれるタフなコース。果たして各賞リーダーの行方はどうなるのだろうか?

京田辺はTOJのレースが開始されてまだ年月が浅い土地だが、レースは例年、素晴らしい盛り上がりを見せており、平日開催でありながらも47,000人の観客が会場に足を運んでいる。この声援が選手たちのパワーになったことは間違いないだろう。

【第2ステージ結果】
1位/エイデン・トゥーベイ(チーム・ブリッジレーン)2時間41分25秒
2位/入部正太朗(シマノレーシングチーム)+0秒
3位/フィリッポ・ザッカンティ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)+2秒

【個人総合成績】*第2ステージ終了時
1位/エイデン・トゥーベイ(チーム・ブリッジレーン)2時間44分21秒
2位/入部正太朗(シマノレーシングチーム)+8秒
3位/岡篤志(宇都宮ブリッツェン)+19秒

【ポイント賞】*第2ステージ終了時
1位/エイデン・トゥーベイ(チーム・ブリッジレーン)33pt
2位/入部正太朗(シマノレーシングチーム)21pt
3位/窪木一茂(チームブリヂストンサイクル)21pt

【山岳賞】*第2ステージ終了時
1位/フィリッポ・ザッカンティ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)10pt
2位/アドリアン・ギロネット(インタープロサイクリングアカデミー)4pt
3位/安原大貴(マトリックスパワータグ)4pt

【チーム総合】*第2ステージ終了時
1位/チーム・ブリッジレーン
2位/チーム右京
3位/シマノレーシングチーム

ページの先頭へ

メニューを開く